テーマ:夏の風景

「夕暮れ」を撮るコツ!

夕陽が山や海に沈むころ、空も雲も赤く染まり、夕焼けの空が今日あったあれこれのすべてを連れ去っていきます。 「夕暮れ」とは魂を洗濯し、無垢な心に戻してくれる束の間の尊い時間ではないのかと、私には思えてきます。 そんな心象風景を加味した夕景の描写は露出が決め手になります。 今回は夕陽が演出する夕暮れの情景を撮るコツについて考えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の風情を撮るコツ!

陽が落ちて夕風が木の葉をゆらす。赤く空を染めていた夕焼けの雲も色あせて灰色にかわると夕闇がせまり、一番星が光り始める――。 「夕暮れ」は懐かしくもあり、悲しくもあり、さまざまに心模様を映す鏡かもしれません。茜色から薄墨色へ、そして暗黒へと短時間に色が変わってゆく夕暮れ時の美しさを表現してみましょう。 幼いころ夕焼けに感動した心を大人にな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「夏休み」を撮るコツ!

被写体と向き合い、伝えたいことを表現するための様々なテクニックはこれまで幾度も解説してきました。 会話編の中で夏休みにふさわしい被写体として海水浴やキャンプ、花火や祭り、昆虫や朝顔などが取り上げられています。 家族で過ごす夏休み、孫たちと過ごす夏休み、自分自身の夏休み……。 今回は「夏休み」をテーマに何を撮るか、その被写体選びを考えて見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夏の思い出」を撮るコツ!

子供の頃、父や母と行った海水浴やキャンプの記憶は走馬灯のように巡り、忘れることがありません。青春時代の夏は原色に彩られた記憶ですが、甘酸っぱい想いに満ちていました。 自身が親となってからは、子供たちに同じ記憶をつなぎ、老年にさしかかったいまは、孫の夏休みを待ちかねて遊ぶのが無上の喜びとなっています。 今回はそんな「夏の思い出」の撮り方を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more