アラゴーおばちゃんの乙女高原の作品

しんがりはアラゴーおばちゃんの登場です。 色紙を駆使した背景の妙を拝見しましょう! 〈乙女高原①〉 〈乙女高原②〉 これは素敵な作品ですね。影が好きな私は一番惹かれました 〈乙女高原③〉 〈乙女高原④〉 スタジオ撮影のような背景の微妙なグラデーションがステキ{…

続きを読むread more

古屋先生のテーマは〈木漏れ日〉

古屋先生からも届きました。 木漏れ日シリーズ3点を見せていただきましょう。 ●古屋先生のメッセージ 乙女高原の撮影会は日時に余裕のないセッティングでしたが、 みなさんに喜んでいただけたようで安堵しました。 さらに、それぞれが真摯に撮影に取り組んでいる様子に感銘しました。 今回わたしは、怠けていて作品らしいもの…

続きを読むread more

乙女高原のレンゲツツジ

同士を募る間もなく、あわただしく実施した撮影会でしたが、 オフ会仲間のアラゴーおばちゃん、gongonさん、幸ちゃんの3人が駆けつけてくれました。 今回の機材はEOS50D+EF17-40mm F4L USM。 広角ズームは絵づくりがむずかしいレンズですが、まずは挑戦、です。 乙女高原は標高1700メート…

続きを読むread more

乙女高原で撮影会

長年の懸案であった乙女高原の撮影会を6月22日に決めました。 きょう、古屋先生が下見に行ってくださったところ、 17日現在で6分の開花状況のようです。 高原の花は盛りが短いので、来週前半がいいとのことでした。 読者で同行を希望される方は、コメントに書き込んでください。 予定は、中央線塩山駅に10時集合。 …

続きを読むread more

写真のタイトルを考えてみよう

古屋先生から4枚の写真が届きました。 写真には2通りのタイトルがつけられています。 「なに? これ?」 それは、謎解きのような写真でした。 これをもとに原稿を書けということなのでしょうか。 〈クールビズa〉 〈クールビズb〉 「クールビズa」は何を撮ったのでしょうか?  人参? エビ? 正体…

続きを読むread more

古屋先生の桃の花

せっかくなので、古屋先生にも公開をお願いしました。 〈桃の花a〉 〈桃の花b〉 山梨の今年の桜はどうでしたか? と聞いたら、 こんなものしか撮れなくて……とおっしゃいましたが、やっぱりsステキな作品です。 〈桜a〉 この桜は由緒正しい桜と聞きましたが、由来は忘れてしまいました。 最近はメモリ…

続きを読むread more

桃の花を見に行く その2

昨日のつづきです。 今回は色の饗宴を見てください。 〈ピンクとバイオレット〉 賜杯のようなカタチがおもしろかったので、先生を中に入れてパチリ。 桃園は、下草もいろんな花が咲いています。 〈白と萌黄色〉 白い花をつけているのもモモのようです。 ピンクの花をつけている木より大きいのが特徴。 〈…

続きを読むread more

桃の花を見に行く その1

「桃の花が見ごろになりましたよ! どうするの?」 古屋先生から誘いの電話があったら、もう我慢できない さっそく山梨へ 〈釈迦堂博物館の展望台〉 山梨はフルーツ王国をめざしてブドウのつぎにモモを増やしているのだという。 その次はサクランボを考えて…

続きを読むread more

オフ会で集合!

バンドルネームだけで、顔も本名も判らない人たちが集合できるのか 心配ではありましたが、天気は 10時過ぎには新宿御苑新宿門に8人が顔合わせできました 御苑のは3分咲きというところですが、満開に近い桜もあって、さっそく撮影開始。 …

続きを読むread more

三陸の美しい風景がなくなったのかしら?

東北の出身ではないが、身内が気仙沼にいたので、今回の被災は他人事ではなかった。 〈羽田沖の海鵜〉 海辺は、被写体としては魅力的ではあっても、ひとたび自然が牙を剥くと、そのの猛威から逃れられない宿命がある。 気仙沼には何回も行ったことがあり、気仙沼湾に津波が押し寄せたら生き残れないのではないかと思っていたが、家は失っても身一つで避難…
トラックバック:0

続きを読むread more

上達道場!写真のたまり場のオフ会

明日、2月22日でstation50は閉鎖となります。 残念ですが終わるのは事実です。 そこで、盛り上がった皆様のお別れ&再会の場としてオフ会を提案します。 勝手な呼びかけですが、古屋先生とわたしは確実に現場に行きますので、 参加ご希望の方はstation50のバンドルネームを添えてお申し込みください。 ●Station50…
トラックバック:1

続きを読むread more

どんな写真を撮るのが好きなのか?

写真を始めたと話すと、「どんな写真を撮っているのですか?」と聞かれることがある。   〈恋人たちの時間〉   2009年 皇居東御苑 始めてから間もないころは「散歩がてら、都内のあちこちの公園や街並みのおもしろそうなところを撮っているんですよ」と答えて、自分でも違和感を感じることはなかった。 それが最近は違う。 じつは、これが悩ま…
トラックバック:1

続きを読むread more

上達道場主・古屋カメラマンの写真展のご案内

先週お知らせした東京・杉並区阿佐ヶ谷の花の写真展「My Garden」に続いて、もうひとつの写真展のお知らせです。 東京近郊でしたら、上達道場主としてお題の3賞審査を担当した古屋さんの写真展をごらんになったらいかがでしょうか。 ●古屋光雄写真展「わたしの昭和」 期間:2011年2月4日~2月21日 時間:11時~19時(水曜定休)…
トラックバック:0

続きを読むread more

投稿写真塾は継続します

station50のサイト閉鎖に伴って、投稿写真塾は12月で一応の区切りをつけました(*ToT*)†~~ しかしです! 2011年は新たな試みで再起します。 まず、塾長の古屋先生の写真展が2月、2つ開かれます。 今回はその一つをご紹介しますね。 バーチャルな世界からリアルな世界に足を運んでみませんか! 古屋光雄写真展「My Ga…
トラックバック:0

続きを読むread more

「伝える写真」を撮るコツ!

どの家にも、よく見かける古い写真アルバムがあります。 そこには祖父母と両親の写真、わが子の成長の姿など、折々の家族の歴史がいっぱい詰まっています。中には、お宮参り、七五三、還暦や結婚記念日のようなハレの時の姿をプロの写真館で撮影した写真もあって、過去を振り返る楽しい記録です。 アルバムのページをめくりながら1枚1枚眺めていると、どの写真…
トラックバック:0

続きを読むread more