テーマ:写真塾

乙女高原で撮影会

長年の懸案であった乙女高原の撮影会を6月22日に決めました。 きょう、古屋先生が下見に行ってくださったところ、 17日現在で6分の開花状況のようです。 高原の花は盛りが短いので、来週前半がいいとのことでした。 読者で同行を希望される方は、コメントに書き込んでください。 予定は、中央線塩山駅に10時集合。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

写真のタイトルを考えてみよう

古屋先生から4枚の写真が届きました。 写真には2通りのタイトルがつけられています。 「なに? これ?」 それは、謎解きのような写真でした。 これをもとに原稿を書けということなのでしょうか。 〈クールビズa〉 〈クールビズb〉 「クールビズa」は何を撮ったのでしょうか?  人参? エビ? 正体…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

引っ越しました!

投稿写真塾は「押しかけ写真塾」と名称を変えて引っ越しました。 つたない写真ですが、引き続きごらんくださいませ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上達道場!写真のたまり場のオフ会

明日、2月22日でstation50は閉鎖となります。 残念ですが終わるのは事実です。 そこで、盛り上がった皆様のお別れ&再会の場としてオフ会を提案します。 勝手な呼びかけですが、古屋先生とわたしは確実に現場に行きますので、 参加ご希望の方はstation50のバンドルネームを添えてお申し込みください。 ●Station50…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

どんな写真を撮るのが好きなのか?

写真を始めたと話すと、「どんな写真を撮っているのですか?」と聞かれることがある。   〈恋人たちの時間〉   2009年 皇居東御苑 始めてから間もないころは「散歩がてら、都内のあちこちの公園や街並みのおもしろそうなところを撮っているんですよ」と答えて、自分でも違和感を感じることはなかった。 それが最近は違う。 じつは、これが悩ま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「上達道場・写真のたまり場」の3賞審査を公開

月2回のお題に投稿される写真は多いときは約1700点、少ないときでも400点ほどになります。 この膨大な応募作品を講師・古屋光雄先生はどのような基準で審査しているのでしょうか。 今回は古屋塾長の審査のプロセスをのぞいてみましょう。 〈秋の気配〉 2010.9.12 山梨県・山梨市 F5.6 1/50秒 ISO 400 キヤノン EO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春一番」を撮るコツ!

春の雰囲気を表現する手っ取り早い方法は、明るめに撮ってみることです。 明るさ、広がり、楽しさ、といった春一番のイメージづくりは、下から見上げるアングルにこだわってみませんか。 できるだけ明るいイメージの背景を選ぶのもコツです。                                            塾長:古屋光雄 〈…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「美味しい食卓」を撮るコツ!

ちょっとおしゃれなレストランで美味しい食事を楽しむ。あるいは、旅の途中で食べた名物料理や珍味を味わう。これこそ人生の大きな楽しみのひとつです。 その喜びや思い出をつづり、写真とともにブログなどで発信するのが人気をよんでいます。 でも、せっかく撮った写真なのに、後から見るとあまり美味しそうに見えない――。 そんな経験がありませんか? ■…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「好きな場所」を撮るコツ!

私たちカメラマンにはそれぞれ好きな場所があり、それをモチーフに数え切れないほどの写真を撮っています。 今回のお題は「好きな場所」ですが、まず私の好きな場所のいくつかを見ていただきましょう。 ■自然を撮った3枚 〈春の息吹〉 2005年 神奈川県・相模原市 F11 1/30秒 フジクローム100 キヤノンEOS 1N+EF70-20…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

心に残る景色を撮るコツ!

きれいな写真を撮るのは比較的簡単だ。名所旧跡を訪れ、すばらしい景色と対面してシャッターを押せばいい。だが、心に残る景色を撮るためにはどうすればいいのだろうか。 景色に込められた想いを伝える写真は、被写体をよく見つめ、何がポイントかを見極め、それを表現する手段をさがすことだ。 押しかけ写真塾を始めてから2年余り、50回以上東京近郊の街をあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「冬の朝」を撮るコツ!

冬は明るい季節 古来、四季を色で表すと青春、朱夏、白秋、玄冬といいました。玄とは黒のことで、五行説による冬の表現であるといいますが、黒い冬という表現は、今ではどうもピンときません。 冬景色の代表格はなんといっても雪景色。一夜明けて見る雪景色の眩しさ、すがすがしさには新しい世界の到来を感じます。 〈モクレンに雪〉 2005年 神奈川県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月を撮るコツ!

新年は初物がいっぱい 新しい暦を開き、新年を迎える気分は、いくつになっても晴れやかなものです。 街は晴れ着をまとった初詣客や、福袋を提げた買い物客が楽しげに往来しています。 おせち料理とお雑煮を食べ、決意もさて今年はどんなっ写真を撮ってみようかと、新たにスタートする2010年――。 年の初めの写真塾は、正月気分を撮るコツを探ってみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more