テーマ:冬の写真

「年の瀬」を撮るコツ!

今年も残りはわずか。写真塾講座もあと2回を数えるのみとなりました。 写真塾で繰り返し解説してきた写真の撮り方の基本について、今回はクリスマスをテーマに再考してみようと思います。 写真を撮る際に考えることはなんでしょうか。それは、被写体に何を選ぶか、それをどう受け止め、どのように撮るかです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走の景色を撮るコツ!

もう師走です。速いなぁ~。景気もいいとはいえない年の瀬ですが、また例年と同じように街のイルミネーションが灯り、年末商戦、年賀はがき、おせち料理の予約、クリスマスプレゼント、ジャンボ宝くじなど、この時期ならではのさまざまな顧客獲得作戦が繰り広げられます。 12月の写真も、そのような世相を反映した年末らしい被写体と、本格化する冬景色とを捉え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「寒い朝」を撮るコツ!

たとえば寒い朝、焚き火にかざしたかわいい毛糸の手袋が朝の逆光線に光っているとか、あるいはきびしい寒気の中、犬を連れて林をジョギングするお嬢さんの姿、人も犬も吐く息が逆光線に白く輝く――。 そんな温もりのある写真が撮りたいものです。生活感の漂う冬の写真は味わいがあり、チャンスに恵まれればすばらしい作品になります。寒さにめげず出歩いて、積極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の写真を撮るコツ!

紅葉の見頃もまもなく終わり、寒冷地では初霜や初雪の季節の到来です。富士山の冠雪も次第に下のほうに降りてきました。 歳時記では立冬から立春の前日までが冬。太陽暦の11月、12月、1月にあたります。 年々、冬が暖かくなっている感じですが、冬は冬。冬の朝は寒い朝です。 今回の研究は、冬の写真はどう撮ればいいのか、それをテーマにしてみます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈新〉を撮るコツ!

清清しさと緊張感、希望と光明、そして年初の計画。振袖やおめかしの晴れやかな街。お正月ならではの伝統的な遊びの数々。山や森は雪景色でしょうか。 お正月には、年の始めの華やいだ気分があふれています。そんな景色の中で〈新〉を発見してみましょう。〈新〉には、真っ白い半紙に筆を入れる感触があるのです。 塾長:古屋光雄 〈新〉のイメージを探る …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more