テーマ:投稿写真

「上達道場・写真のたまり場」の3賞審査を公開

月2回のお題に投稿される写真は多いときは約1700点、少ないときでも400点ほどになります。 この膨大な応募作品を講師・古屋光雄先生はどのような基準で審査しているのでしょうか。 今回は古屋塾長の審査のプロセスをのぞいてみましょう。 〈秋の気配〉 2010.9.12 山梨県・山梨市 F5.6 1/50秒 ISO 400 キヤノン EO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を撮るコツ!

桃の節句を迎えると、ようやく春がきたと感じる。 雪が解け、水が温み、フキノトウが芽を出す。新芽が萌黄色に色づき始め、梅や桃の花が開く。菜の花が咲き始め、昆虫や鳥や動物たちが活動を始める。 春はまた新しいスタートの季節。卒業、入学、就職と、区切りのイベントが盛りだくさんある。今回は、出発・旅立ち、スタートなど、「春の景色」を撮るコツを探っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べ物を美味しそうに撮るコツ!

「美味しそうな枯露柿ですね」と写真の感想を伝えたら、まもなく枯露柿が届いた。昨年の暮れに山梨に転居した古屋先生が、地元の名産の枯露柿を送ってくださったのだ。 きびしい冬の田舎生活を楽しんでいる様子だが都会の味が懐かしいのではないかと思い、お返しにチョコレート菓子をお送りした。ちょっと早めのバレンタイン・チョコだった。 すると、なんともお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「好きな場所」を撮るコツ!

私たちカメラマンにはそれぞれ好きな場所があり、それをモチーフに数え切れないほどの写真を撮っています。 今回のお題は「好きな場所」ですが、まず私の好きな場所のいくつかを見ていただきましょう。 ■自然を撮った3枚 〈春の息吹〉 2005年 神奈川県・相模原市 F11 1/30秒 フジクローム100 キヤノンEOS 1N+EF70-20…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「冬の朝」を撮るコツ!

冬は明るい季節 古来、四季を色で表すと青春、朱夏、白秋、玄冬といいました。玄とは黒のことで、五行説による冬の表現であるといいますが、黒い冬という表現は、今ではどうもピンときません。 冬景色の代表格はなんといっても雪景色。一夜明けて見る雪景色の眩しさ、すがすがしさには新しい世界の到来を感じます。 〈モクレンに雪〉 2005年 神奈川県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の撮影計画を立てる!

ひとり撮影会のすすめ 「先生、新年ですから、今年の撮影計画です!」 「それは前回やったんじゃなかったかな?」 「それはそれ、前回のは基本的な考え方で、今回は具体的なプランです」 「それは周到ですね。では、どんな計画ですか? 聞かせてください」 「第1に、毎月、場所を決めて撮影に行きます。ひとり撮影会です」 「それは以前に2人でやってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月を撮るコツ!

新年は初物がいっぱい 新しい暦を開き、新年を迎える気分は、いくつになっても晴れやかなものです。 街は晴れ着をまとった初詣客や、福袋を提げた買い物客が楽しげに往来しています。 おせち料理とお雑煮を食べ、決意もさて今年はどんなっ写真を撮ってみようかと、新たにスタートする2010年――。 年の初めの写真塾は、正月気分を撮るコツを探ってみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more