「美味しい食卓」を撮るコツ!

ちょっとおしゃれなレストランで美味しい食事を楽しむ。あるいは、旅の途中で食べた名物料理や珍味を味わう。これこそ人生の大きな楽しみのひとつです。 その喜びや思い出をつづり、写真とともにブログなどで発信するのが人気をよんでいます。 でも、せっかく撮った写真なのに、後から見るとあまり美味しそうに見えない――。 そんな経験がありませんか? ■…
トラックバック:0

続きを読むread more

食べ物を美味しそうに撮るコツ!

「美味しそうな枯露柿ですね」と写真の感想を伝えたら、まもなく枯露柿が届いた。昨年の暮れに山梨に転居した古屋先生が、地元の名産の枯露柿を送ってくださったのだ。 きびしい冬の田舎生活を楽しんでいる様子だが都会の味が懐かしいのではないかと思い、お返しにチョコレート菓子をお送りした。ちょっと早めのバレンタイン・チョコだった。 すると、なんともお…
トラックバック:0

続きを読むread more

「好きな場所」を撮るコツ!

私たちカメラマンにはそれぞれ好きな場所があり、それをモチーフに数え切れないほどの写真を撮っています。 今回のお題は「好きな場所」ですが、まず私の好きな場所のいくつかを見ていただきましょう。 ■自然を撮った3枚 〈春の息吹〉 2005年 神奈川県・相模原市 F11 1/30秒 フジクローム100 キヤノンEOS 1N+EF70-20…
トラックバック:0

続きを読むread more

心に残る景色を撮るコツ!

きれいな写真を撮るのは比較的簡単だ。名所旧跡を訪れ、すばらしい景色と対面してシャッターを押せばいい。だが、心に残る景色を撮るためにはどうすればいいのだろうか。 景色に込められた想いを伝える写真は、被写体をよく見つめ、何がポイントかを見極め、それを表現する手段をさがすことだ。 押しかけ写真塾を始めてから2年余り、50回以上東京近郊の街をあ…
トラックバック:0

続きを読むread more

「冬の朝」を撮るコツ!

冬は明るい季節 古来、四季を色で表すと青春、朱夏、白秋、玄冬といいました。玄とは黒のことで、五行説による冬の表現であるといいますが、黒い冬という表現は、今ではどうもピンときません。 冬景色の代表格はなんといっても雪景色。一夜明けて見る雪景色の眩しさ、すがすがしさには新しい世界の到来を感じます。 〈モクレンに雪〉 2005年 神奈川県…
トラックバック:0

続きを読むread more

今年の撮影計画を立てる!

ひとり撮影会のすすめ 「先生、新年ですから、今年の撮影計画です!」 「それは前回やったんじゃなかったかな?」 「それはそれ、前回のは基本的な考え方で、今回は具体的なプランです」 「それは周到ですね。では、どんな計画ですか? 聞かせてください」 「第1に、毎月、場所を決めて撮影に行きます。ひとり撮影会です」 「それは以前に2人でやってい…
トラックバック:0

続きを読むread more

〈新〉を撮るコツ!

清清しさと緊張感、希望と光明、そして年初の計画。振袖やおめかしの晴れやかな街。お正月ならではの伝統的な遊びの数々。山や森は雪景色でしょうか。 お正月には、年の始めの華やいだ気分があふれています。そんな景色の中で〈新〉を発見してみましょう。〈新〉には、真っ白い半紙に筆を入れる感触があるのです。 塾長:古屋光雄 〈新〉のイメージを探る …
トラックバック:0

続きを読むread more

お正月を撮るコツ!

新年は初物がいっぱい 新しい暦を開き、新年を迎える気分は、いくつになっても晴れやかなものです。 街は晴れ着をまとった初詣客や、福袋を提げた買い物客が楽しげに往来しています。 おせち料理とお雑煮を食べ、決意もさて今年はどんなっ写真を撮ってみようかと、新たにスタートする2010年――。 年の初めの写真塾は、正月気分を撮るコツを探ってみまし…
トラックバック:0

続きを読むread more